イラストとタミフル75mg

インフルエンザの概要と会社に休む前に注意すること

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスの感染によって発症するかぜ症候群 (風邪) です。インフルエンザウイルスに感染すると、2~3日の潜伏期間を経て咳や喉の痛み、38度以上の熱、関節の痛み、だるさなどが出現します。流行期間は冬で、インフルエンザではない風邪との区別を付けにくい場合があります。無理して仕事を継続したりすると、症状が重くなることがあります。高齢者では死亡例も出る感染症ですので、油断は禁物です。
インフルエンザによる不調では会社を休み、療養することが望ましいです。これは、他の社員に感染させることを防ぐためにも重要です。会社によって休みの規定が異なるため、確認が必要です。
治癒完了後もウイルスを保有している可能性があるため、症状が無くなってから2日間ほど休みを取得できると安心です。休みを取得できたら、医療機関に受診します。近年ではインフルエンザ迅速検査キットも普及していますので、疑いがあればすぐに検査してくれる病院も多いです。
治療の際には、処方された薬や購入した薬のほかに、マスクや加湿器、栄養ドリンク剤などが役に立ちます。可能であれば、栄養価の高い食事を摂ると、ウイルスと戦うための体力を付けることができます。

外部リンク情報

インフルエンザの潜伏期間や発症までの特徴など詳しく記載されています。

インフルエンザ潜伏期間から発症まで

会社内で実践できるインフルエンザの対策法

潜伏期間から症状が始まる場合もありますので、少しでも具合が悪いと感じた場合には、早めに仕事を切り上げて睡眠を多めに取れるようにするのが大事です。予防対策としては、マスクや加湿器が有効です。他の社員に移さない、ウイルスをもらわない環境を作ることができます。インフルエンザウイルスは湿度に弱いとされているため、湿度60%以上を保つのが良いです。マスクは、口元に湿度のある空間ができるので、手軽でお勧めです。
同僚がインフルエンザ感染症で出勤停止となったら、自分の潜伏期間を逆算することもできます (同僚に接触してから1日~2日) 。発症させないための対策は、ゆっくり休む時間を確保することです。
また、栄養バランスを整えるためにサプリメントや飲料を利用するのも効果的です。インフルエンザ感染症の発症を抑えるためには、身体が元気で、ウイルスと戦っている状態 (免疫機能) が必要です。免疫機能が活性化しやすい状態を作るためには、複数のビタミンやミネラルがまとめて入ったサプリメントが手軽で便利です。「マルチサプリメント」のような商品名で、ドラッグストアやスーパーなどで販売されています。
流行期間に入る1ヶ月前に予防接種をしておくと、インフルエンザ感染症を発症しても軽い症状で済む場合がありますので、お勧めです。